〈開催中止〉
三沢厚彦 ANIMALS IN NAGAOKA

概要

現代を代表する彫刻家の一人、三沢厚彦(1961- )。彼は2000年より、樟(クスノキ)を素材に動物の姿を等身大で彫り出した木彫作品「ANIMALS(アニマルズ)」シリーズを手掛け、全国各地で発表を続けています。モチーフとなる動物は、身近なネコやイヌから、クマやゾウ、そしてフェニックスといった空想上の生き物まで、多岐にわたっています。三沢の想像の中から生み出される動物たちは、写実とは異なる独特のリアリティを放ち、観る者の記憶や想像力をかき立てます。
本展では、代表作「アニマルズ」を中心に、最新作を含む彫刻と絵画およそ100点を紹介します。また、同時開催するコレクション展「近代美術館の名品」では、当館選りすぐりのコレクションと共に、アニマルズと三沢の個人コレクションを展示。当館の作品群と三沢のコラボレーションをご覧いただけます。
新潟県立近代美術館の空間全体で展開される三沢ワールドを、ぜひお楽しみください。

主 催 : 新潟県立近代美術館、TeNYテレビ新潟、三沢厚彦展新潟実行委員会、
読売新聞社、美術館連絡協議会
協 賛 : ライオン、大日本印刷、損保ジャパン
後 援 : 長岡市、長岡市教育委員会、(公財)長岡市芸術文化振興財団、長岡新聞社、
NCT、エフエムラジオ新潟、FMながおか80.7
協 力 : 西村画廊、アニマルハウス、山口製材、長岡造形大学、新潟県立美術館友の会


「三沢厚彦 ANIMALS IN NAGAOKA」展の中止について

本年7月に予定しておりました「三沢厚彦 ANIMALS IN NAGAOKA」 は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、中止することとなりました。
展覧会を愉しみにされていた皆様、たいへん申し訳ございません。


基本情報

会期

2020年07月04日(土) ~  2020年09月06日(日)

会場

新潟県立近代美術館
交通案内はこちら