1964年 東京―新潟

概要

1964年、東京はオリンピックの開催に沸き、その公式ポスターをデザインしたのは亀倉雄策でした。同年、新潟では国内ではじめて「現代」を銘打った美術館が長岡市に開館しました。日本美術のひとつの転換期にあたるこの時代の美術の諸相を、当館の所蔵品を中心に展観します。

 

※ページ上部の画像:岡本信治郎《インディアンが2人・・・・・》(10人のインディアンより) 1964年 一般財団法人駒形十吉記念美術館蔵(当館寄託)

基本情報

会期

2020年01月25日(土) ~ 2020年03月22日(日)

開催時間

9:00~17:00
券売は16:30まで

休館日

1/27(月)、2/3(月)、10(月)、17(月)、25(火)、3/2(月)、9(月)、16(月)

観覧料

大人: 当日700円(600円)
大・高生: 当日500円(400円)
※( )内は有料20名以上の団体
※中学生以下無料

会場

新潟県立近代美術館
交通案内はこちら