過去の企画展

2015年度 企画展一覧

2015col

2015年02月03日(火) ~  2015年04月05日(日) コレクション・ストーリーズ
―11年の物語― 

プリント

2015年04月18日(土) ~  2015年06月07日(日) 印象派への旅
―戦後70年 ひろしま美術館フランス絵画展  マネやモネ、ピサロなど前衛的な画家たちは、自然をみずみずしくとらえ直し、西洋絵画の革新をなしとげました。別名“印象派美術館”として知られる「ひろしま美術館」のコレクションにより、印象派からエコール・ド・パリへと至る名品70点をご紹介します。 

Hamaya

2015年07月04日(土) ~  2015年08月30日(日) 生誕100年 写真家・濱谷浩 
―人間とは何か、日本人とは何か 1930s-1960s  生誕100年を迎える日本を代表する写真家・濱谷浩(1915~1999)の没後初の本格的な展覧会です。1930年代の写真家としての出発点から1960年代の安保闘争までの国内で撮影された主要なモノクローム写真200点をご紹介します。

AIDAMakoto

2015年09月12日(土) ~  2015年11月03日(火) 会田誠 展
ま、Still Aliveってこーゆーこと  会田誠氏は1965年に新潟市に生まれた日本を代表する現代美術作家です。1991年に東京藝術大学大学院美術研究科を修了後、ヨーロッパ、アメリカ、アジアでも個展を開催するなど、活躍の場は国内外多岐に渡ります。本展では氏のライフワークとも言える巨大なダンボール作品《モニュメント・フォー・ナッシングⅡ》を中心に、本作に至るまでの新しい会田誠の世界を紹介します。

kamekura creation

2015年11月14日(土) ~  2016年01月17日(日) 生誕100年 亀倉雄策と『クリエイション』
新潟県燕市出身のグラフィックデザイナー亀倉雄策(1915-1997)。 彼が晩年のライフワークとしたのが、デザイン誌『クリエイション』の編集です。本展では、『クリエイション』誌上で取り上げられた作家たちの魅力を伝えるとともに、関連資料も併せて展示し、亀倉のデザイン観や本誌にかける想いを探ります。

finish[1][3]_03

2016年03月05日(土) ~  2016年05月15日(日) ジブリの大博覧会
「思い出のマーニー☓種田陽平展」「ジブリの大博覧会展」  スタジオジブリ設立30年を迎え、2014年に公開された映画「思い出のマーニー」の世界を美術監督種田陽平が実体化した「思い出のマーニー×種田陽平展」と、スタジオジブリ30年の歩みを振り返る「ジブリの大博覧会展」の2つの展示からジブリの夢の世界をお楽しみいただきます。